ディーラーとトラック買取業者の違いは、
ひとことで言えば、中古トラックに関する情報や知識を持っているか?いないか?の違いになります。

 

ディーラーの場合、トラックを販売することで利益を出しています。そのため、新車のトラックや相場、市場といった部分に強みを持っており、中古トラックの市場や相場感を把握していないのが現状です。

ディーラーに下取りをお願いした場合、年式や走行距離、車体の傷み具合などの部分をチェックして買取価格を決めるため、
それほど高い買取金額になりません。彼らは、中古トラックの市場や相場感といったものを把握していないためにこういった査定内容になってしまいます。

また、ディーラーでは、不動車や冠水車といったトラックの状態がヒドいものは基本的に下取をしてもらえません。そのため、中古トラックの処理をディーラーに依頼するのは、あまりオススメできない選択肢です。

 

一方で、中古トラック買取業者の場合は、中古トラックを買い取ることが専門のため、国内の中古トラックの販売市場や、相場、海外からの需要具合、こういったものを常にチェックしています。また、中古トラック買取業者は、主に転売で利益を得ているため、まずトラックの車体の状態を1番にチェックします。

トラックの車体の状態によって、トラック全体をばらして部品毎に再利用するか、国内オークションや国内の中古トラックの展示場で販売するのか、海外に輸出するのか、といった判断をします。

 

状態がいいものであれば、多少修理をした上で国内で再販売をしますし、状態が悪い場合は、トラックをばらして部品単位で国内や海外に向けて販売をしていきます。そのため、不動車や冠水車、廃車寸前のようなトラックでも買取をしてくれます。

また、各トラック買取業者にもよりますが、出張査定や抹消手続き等の無料代行、現金での当日その場での支払い、トラックの看板消し、といった対応をしているのがトラック買取業者の強みでもあります。

 

実際に、ディーラーに下取りの見積りをお願いした後に、トラック買取業者に見積りを取ると、その金額の違いに驚かれるトラックオーナーさんが多くいらっしゃいます。そのため、トラックの買取に関しては、ディーラーに依頼するよりも、トラック買取業者に依頼することを強くオススメします。

トラックの買取業者は、国内でも数多くありますが、それぞれの業者によって強みやサポート体勢が大きく異なりますので、詳しくは、”知識ゼロから始めるトラック売却の5つのポイント”を御覧ください。