トラックは自家用車と比べると修理もしやすく耐久性もあります。

年式で20年以上、走行距離100万キロ以上、と言われています。

 

トラックの寿命は年々伸び続けており、全日本トラック協会のデーターでは、2010年時点で、平均使用年数は、大型中型トラックで14.87年、小型トラックで11.92年というデータがあります。また、使用されているトラックの年数としては、大型中型トラックで10.34年、小型トラックで9.21年と言われています。

 

このデーターからも分かるように、一般的に新車のトラックを購入してから、抹消登録までの期間は、平均すると11年〜15年程です。

 

使用頻度が多かったり、人間と同じで使用年数を重ねていくことで、修理する箇所や耐久性も落ちてくるため、20年近く乗り続けられる方は非常に少ないのが現実です。

 

日本で長年使われたトラックのその後としては、車体をばらされ、パーツ毎に分けられて国内や海外に転売されたり、状態のいいトラックは海外に輸出されていきます。

 

また、日本製のトラックは耐久性が非常に優れている為、海外のバイヤーからは人気の車種となっています。そのため、廃車や不動車のようなトラックであっても、トラック買取業者は、あなたから喜んで買い取りをしてくれることがほとんどです。

 

国内のトラック買取業者は数多くあり、それぞれの会社で優れている点がありますので、気になる方は、知識ゼロから始めるトラック売却の5つのポイントを御覧ください。