トラックを売却することになったけれど、、、、

そもそもトラックを売却するとは言っても何から始めればいいの?
どういう手続きを踏めばいいの?
そもそもトラックはどこに売却を依頼すればいいの?

こういった疑問を抱えているトラックオーナーさんは多くいらっしゃいます。トラックは高価なものですから、売却するならばきちんとした会社にお願いしたい。けれど、そもそも何から始めたらいいのだろう?

そんな、お悩みを抱えているあなたに向けて、このページでは、トラックを売却するまでにあなたがやるべきこと、どこに売却をお願いすればいいのか?、売却依頼をする会社の選び方、などの情報をご紹介していきます。

Contents

そもそもトラックはどこに売ればいいの?

トラックを売却しようと考えた際に、そもそもどこに買取の依頼をすればいいのでしょうか?中古車販売店?ディーラー?実は、トラックの売却先は次の3通りあります。

  • 1:一般自動車を中心に取り扱う中古車販売店
  • 2:ディーラー
  • 3:中古トラックの買取専門業者



先に結論から言ってしまうと、トラックの売却をする際は、中古トラックの買取専門業者に依頼することが1番得をします。それぞれの特徴を簡単にまとめましたので見ていきましょう。

1:一般自動車を中心に取り扱う中古車販売店

街を歩いていればどこにでもあるような、自動車の中古車販売所になります。基本的に自動車を取り扱うことに非常になれています。

その一方で、トラックのような大型の商業車の買取なども対応はしているようですが、トラックの買取値段に関してはイマイチです。

なぜなら、まず年間でトラックの売却を取り扱うことが少ない上に、トラックに関する専門的な知識も薄いためです。トラックは自動車と比べて長期的に使用することが多く、自動車のように頻繁に乗り換えることが少ないという特徴があります。そのため、そもそも年間の取引台数は自動車と比べて少ないという事実があります。

またトラックに使用されるパーツは自動車のパーツとは異なる部分多々があるため、自動車の査定士では、1つ1つの細かい項目から根拠のあるトラックの値段を算出することが難しいという点があります。

2:ディーラー

新車でトラックを購入した方は、売却も購入元に任せた方がいいのでは?と考えますが、ディーラーに売却できるのは新車を新しく購入する場合に限ります。

また、ディーラーは新車の販売に特化していると考えるのが無難です。新車の市場や相場に関しては強みを持っていますが、中古トラック市場の知識に関してはそうとも言えません。

中古トラックは、国内及び海外の需要によって値段も大きく異なるため、中古トラック市場を逐一チェック
していたり、中古トラックの査定をしてきた経験がものをいいます。

新車を基本的に扱うディーラーは、こういった中古トラックの専門的な知識や経験という部分では、次で説明する中古トラックの買取専門業者には劣っています。

3.中古トラックの買取専門業者

こちらは、中古トラックの買取を専門に行っている業者になります。基本的に買取を行う対象は、トラックや重機といった商業車となります。

商業車は、自動車と比べて年間の流通量は少なく、それに加えて1台1台の仕様が異なります。そのため査定の際には根拠のある査定金額をきちんと提示できるかどうかがポイントです。

中古トラックの買取専門業者の場合、主にトラックに特化しているため、ディーラーや自動車査定士と比べて圧倒的な経験と知識を兼ね備えています。

そのため例え1台1台の仕様が異なっても、根拠のある適正な査定価格を算出することができます。

このような理由からトラックの売却に関しては、中古トラックの買取専門業者に任せることをオススメしています。

売却までの流れ

ここまでで、トラックの売却に関しては中古トラックの買取専門業者に任せるのがベストだと理解できたかと思います。

では、中古トラックの買取専門業者に売却を依頼した場合どういった流れになるのでしょうか?売却までの大まかな流れとしては次の4つのステップになります。

  • STEP1:トラック買取業者へ無料査定の申し込み
  • STEP2:車両の現物確認
  • STEP3:査定結果のご連絡
  • STEP4:現金支払または振り込み

それぞれの内容を簡単に見ていきましょう。

STEP1:トラック買取業者へ無料査定の申し込み

ネット上からトラックの買取業者を見つけ、電話、FAX、WEB入力、のいずれかの方法で、売却予定のトラックの概要やスペックを事前に伝えます。

業者によっては、ラインなどのツールでの申し込みを受付している所もあります。

FAXやWEB入力の場合、買取業者で入力情報を確認後、折り返しの電話がきます。業者によりますが、基本的にすぐに連絡がくることが大半です。※深夜時間帯、日曜日などの場合は翌営業日のご連絡。

この時点で、ある程度の見積もり金額を教えてくれますが、この金額が確定という訳ではありませんのでご注意ください。

STEP2:車両の現物確認

買取業者が実際にあなたのトラックの現物を確認し、トラックの使用状況や劣化具合、車体の状態などをチェックします。

この現物チェックは、トラックをあなたが査定会社に持ち込んだり、もしくは出張査定という形で現地に査定員が来るパターンがあります。

廃車などのトラックは出張査定を依頼することがベストですが、業者によっては出張査定が有料の会社もあるので、この辺りの内容は査定を依頼する前にチェックした方がいいでしょう。

STEP3:査定結果のご連絡

買取業者より、電話にて査定額の連絡があなたにいきます。現物査定をした結果、どれくらいの値段になったのか?という説明をすると共に、最終的な見積書が提示されます。

業者によっては、STEP2の現物確認をしたその場で、見積書を作成する会社もあります。

この辺りは、買取業者のホームページの内容を見て確認された方がいいです。

STEP4:現金支払または振り込み

見積書の内容に納得が頂けた場合、車両と引き換えに代金が支払われます。

現地で見積書を作成してくれる業者の場合、その場で現金支払対応をしている業者もあります。

業者によっては、振り込みのみの対応しかしていないケースがありますが、
のちのち振り込み手数料を差し引きされたり、振り込みが遅延する業者もあるため、
現金支払と振り込みのどちらも対応している業者を使うことをオススメします。

どういう基準で会社を選ぶべき?

次にトラックを売却する際にどういう基準で中古トラックの買取業者を選ぶべきなのか?
ということを確認していきましょう。

トラックの査定会社を選ぶ際には、2つの軸を考えて判断します。そして、それぞれの軸の中には、確認するべきポイントがいくつか存在するのですが、それらを簡単にしたものが下の内容です。

<トラック買取業者を選ぶ際の2つの軸>

判断軸1:査定価格に関する強み

  • ポイント①査定の方式が加算式であること
  • ポイント②販売ルートを沢山持っていること
  • ポイント③査定士がトラックに関する専門的な知識をもっていること
  • ポイント④商用車の市場を徹底的にリサーチしていること

判断軸2:アフターサポートに関する強み

  • ポイント①レッカー費用が無料であること
  • ポイント②全ての書類手続きを無料で代行してくれること
  • ポイント③全国無料出張査定をしてくれること
  • ポイント④トラックに記載された社名の削除をしてくれること
  • ポイント⑤売却成立後の引き渡し期間に融通が効くということ



それぞれの内容を確認していきましょう。

判断軸1:査定価格に関する強み

トラックを売却する際に最も望むことは、1円でも高く買取してもらえることではないでしょうか。

中古トラック専門の買取業者は何社もありますが、当然ながら、会社によって買取希望価格は異なってきます。せっかくならば、1番高い値段で買取をしてくれる会社に売却をお願いしたいというのが本音かと思います。そこで、一般的に高額買取を実現してくれる会社に共通するポイントを4つ程、まとめてみました。

査定価格に強みを持つ会社は、これらの4つのポイントを満たしていることが多いと判断して良いでしょう。

ポイント①:査定の方式が加算式であること

トラックの現物をチェックする際には、加算式と減算式の2つに分かれています。

読んで時のごとく、あなたのトラックを足し算で査定していくか?引き算で査定していくか?の違いになります。

多くの買い取り業者は、あなたがネット上で入力したトラックの情報をもとに査定金額をはじき出します。そこから、実際にあなたのトラックを現物確認し、どの程度のスペックなのか?ということを確認していきます。

減算式の場合、表現の仕方が悪いかもしれませんが、トラックのあら探しをするというイメージです。現地査定の際に事前に出された見積もり金額から値段がどんどん下がって、最終的にはこれくらいですよ。となるのが減算式です。

一方で、加算式はその逆になります。

この会社の特徴しては、査定方式が加算方式のため、ネット査定段階であなたに提示した査定金額から値段が下がることがないのが大きなメリットです。

あなたのトラックの状態によっては、この部分が綺麗だからという理由でネット査定金額よりも、金額が上乗せされていくこともあります。通常のトラック買取業者の場合、事前の査定の段階では高めの値段設定を行いますが、現物査定の際に減点方式で結局手取りはこれだけにしかならない。。。ということがほとんです。

そのため少しでも査定金額を上げたい!と感じているならば、この加算式の方法をとっている会社を選ぶべきです。

ポイント②:販売ルートを沢山持っている

買取業者のビジネスは、あなたからトラックを買い取り、そのトラックを新たな顧客に販売をすることで利益を得ています。そのため、買取業者は仕入れたトラックを売る販売先がどれだけあるのか?ということが非常に重要になってきます。

例えば、販売ルートが国内のバイヤーのみといった買取業者もありますが、そういった業者の場合、高く売却できない為、査定金額も低い場合があります。ですから、販売ルートを沢山持つ買取業者を選定することで、査定金額も大きく変わってくるのです。

査定金額に強みを持ったトラック買取業者は、あなたから譲ってもらった、トラック・バス・重機などを形状、年式、状態から判断し、”個人事業主,法人,販売店への自社販売”、”日本全国のオークション”、”海外輸出”など、多数保有している独自の販売ルートから、最も評価の高い売却先を選んでいます。

そのため、あなたが所有しているトラックの最高査定額を何十万件にもおよぶ市場データからはじき出すことができます。

販売ルートが少ない会社ですと、こういった価格の比較ができません。

ポイント③:査定士がトラックに関する専門的な知識をもっていること

トラックや重機・バスなどの商業車の査定には、専門的な知識が必要になります。そのため査定する人の力量、経験、によって、査定額にバラつきが出てきてしまいます。

そのため、買取業者の査定士が、査定士協会の資格を持ち、かつ経験が豊富な査定員であることがポイントです。

買取価格が、なぜその価格になったのか?という説明を出来ずに査定をする業者もいますので、こういった業者の場合は買いたたかれる可能性が大いにあります。査定に強みを持つ会社の場合は、査定士協会の資格を持ち、かつ経験が豊富な査定員が査定を行います。

中には、トラック業界で仕事をしていた査定員もいるため、あなたの仕事の事情や気持ちを汲んだ査定額を算出しています。また、査定の経験が豊富なため、車輛の状態や査定額のプラスなるポイントを探すのはもちろんのこと、買取価格が、どのようにしてその金額になったのか?という観点も説明しながら査定をしてくれます。

ポイント④:商用車の市場相場を徹底的にリサーチしていること

トラックにも当然、市場相場というものが存在しています。

この相場観は、市場のリサーチを徹底的に行い、最新のトラック相場をどれだけチェックしているか?ということに影響されます。市場相場を把握しきれていない買取業者の場合、市場に見合った金額が分からないため、安めの金額を提示するケースがあります。

こういった業者を選んでしまうと、本来ならもっと高めの値段が付いたはずのトラックが、かなり値切られたような形で買い取られてしまいます。

査定に強みを持つ業者の場合は、最新のトラック市場を毎日チェックしているため、安めの買取金額を提示することなく、自信を持って買取価格を提示しています。市場相場を知り尽くしているため、時期を問わずに様々な最高値の価格を算出することが可能ということです。

また、仮に、市場の相場下がっても、国内外を問わない販売ネットワークがあるため、例え厳しい状況でも高く買い取ることも出来ます。市場データのリサーチは、大変骨の折れる作業ですので、こういったデータをきちんと管理している買取業者であるか?ということが価格に大きな影響を及ぼしてきます。

判断軸2:アフターサポートに関する強み

トラックを売却する際に忘れてはいけないのがアフターサポートの充実具合です。例え、トラックの買取価格がどこよりも1番高い価格をつけて、売却の契約が成立したとしても、その会社が振り込み手数料や書類作成費用、レッカー費用等を有料で対応する場合、最終的にあなたの手元に残るお金がどんどん無くなってしまいます。

ここでは、アフターサポートに強みをもつ会社のポイントを5つ程ご紹介していきます。判断軸1の査定価格に関する強みを持つつ、判断軸2のアフターサポートにも強みをもつ会社が理想のトラック買取業者といえます。

ポイント①:レッカー費用が無料であること

現物のトラックを持ち込みして査定してもらう以外は、トラックの売却成立後にレッカーをして運んでもらう必要があります。まして、廃車のような動かないようなトラックは、レッカーは必須です。

トラック買取業者の中には、これらのレッカー費用を、お客様負担の会社もいくつか存在しています。これでは、せっかく買取金額が高くなっても、結局は手取りが減ってしまいます。

買取してもらうから、こちら側でレッカー費用負担をするのは当然だよな。と思うかもしれませんが、アフターサポートが充実している会社ではレッカー代は基本的に全国どこであっても無料です。そのため、レッカー代が無料の買取業者を利用する事で、あなたの手元に残るお金が最終的に多くなります。

ポイント②:全ての書類手続きを無料代行してくれること

廃車や売却に当たり、名義変更や抹消手続きといったことが必要になってきます。これらの手続きは揃えるべき書類も多く、ご自身でやろうとすると非常に時間がかかる上に、手間取るという悩みがあります。

トラック買取業者の中には、これらの面倒な手続きを代行してくれる会社もあるため、そういった書類面でのサポート体制がある会社を利用することをオススメします。こういった書類代行手続きのサポートがある場合、あなたが用意するべき書類は、委任状や印鑑証明書といった、本人でなければ用意できない書類になります。

具体的に用意するべき書類は、利用するトラック買取業者によって異なってきますので、詳しくは各会社のホームページで確認することをオススメします。

ポイント③:全国無料出張査定してくれること

廃車ようなトラックであったり、へき地にトラックを抱えている場合は、現物のトラックをトラック買取業者に直接持ち込むことは不可能です。また、自分で持ち込むのが面倒で、トラックの確認に来て欲しい!という要望がある方も多いでしょう。こういった場合、査定員が出張査定という形で現物を確認しに行きますが、実はトラック買取業者によっては出張料が掛かります。

ですが、トラック買取業者によっては、全国どこでも無料出張対応をしている会社もあります。こういう会社の場合、関東圏や本州のみ無料というわけではなく、離島やへき地であっても無料出張査定対応をしています。

レッカー費用の部分と同じで、最終的にあなたの手元に残るお金を左右する部分ですから、出張査定が無料かどうかは非常に大切な部分です。

ポイント④:トラックに記載された社名の削除をしてくれるということ

ある買取業者を利用されたトラックオーナーさんは、後日、トラックのオークションサイトを覗いた際に、自分の会社名が入ったトラックが出品されていたのを発見したという事例がありました。

トラックを売却出来ても、こういった問題があるとなかなか売却するのも不安になってきます。自分の手元を離れたのにも関わらず、こういったトラックが万が一にでも悪用されたり、大事故を起こした際には、会社の信用問題に関わります。

多くのトラックオーナーさんは、売却の金額に目がいきがちでこういった点を忘れがちです。ですが、トラック買取業者側で、看板消しもきちんとやります!と宣伝しているか?という点をチェックしておくと、のちのち面倒なことになりません。また、こういう細かい点を宣伝している会社はオーナーさんの立場もよく理解しています。

ポイント⑤:売却成立後も引き渡し期間に融通か効くということ

仮に廃車トラックの売買成約が決まったとしても、会社都合ですぐに引き渡しができない場合があるかと思います。

”責任者が1週間出張でこちらにいない。”、”実は、まだ仕事が残っていてすぐに引き渡しできない状態だ”

こういった売る側の事情を考慮して、売却の契約が成立しても、引き渡し延長をしてくれる業者があります。引き渡しまでの期間は業者によって異なるため各会社のホームページで内容は確認しましょう。売却以外にも印鑑証明書や委任状などを準備する必要がありますから、こういった融通を効いてくれる業者を利用すれば、こちらが急かされながら動くといった心配が無くなります。

オススメのトラック買取業者とは?

ここまででの内容で、中古トラックの売却について、あなたは相当な知識を身につけたことになります。ここでご紹介した2つの軸や、それぞれのポイントを確認しながら中古トラックの買取専門業者を選んでいけば、きっと良い会社と出会えるでしょう。

このサイトで紹介した基準やポイントを満たしている買取業者ならば基本的には問題ありませんが、数あるトラック買取業者の中でも私がいいなと思った買い取り業者が幾つかありますので、最後にそちらを紹介させて頂きます。

多くのサイトでは、各トラック買取業者にどんな特徴や強みがあるのか。ということを記載していることが少ないので、客観的な視点で書かせて頂きました。あなたのトラックの形状や型式、年式によって使い分けてみるといいかと思います。

  1. トラック買取.COM

こんな特徴の業者です
  • クレーン車や油圧シャベル、重機の買取も対応
  • 現金化までの対応速度がかなりスピーディー
  • 中間業者を挟まないシステムで高額査定が可能
  • 出張買取が離島・へき地・全国どこでも無料

管理人のレビュー

トラック全般の取り扱いはもちろんのこと、大型~小型までのバスや油圧ショベルやフォークリフト、クレーン車などの重機の買い取り対応もしている会社になります。最近では、農機具などの買取にも対応するようになっています。

また、発電機やコンプレッサーといった特殊な機材の買い取りも行っているため、土木・建築業関係の方には特にオススメの会社です。トラック買取業者によっては、通常は有料対応となる、離島、山間部、へき地、を始め全国への出張査定が無料である所、買取金額や買取台数が無制限、現金での支払対応といった、トラックオーナー側の負担となりそうな部分を無料でサポートする特徴があります。

設立は2012年4月と比較的新しい会社になりますが、その分、他社で出された見積もりを提示すると、そこよりも高い査定金額で買い取り対応をしたり、買取査定の最短返答時間が5分以内など、若い会社ならではの工夫をしています。幾つかの買取業者からの見積もりを取った上で、価格面での交渉をしてみると納得した金額での取引ができるかと思います。

対応サービスと可否一覧
車種 可否 サービス一覧 内容
小型トラック 対応エリア 日本全国
中型トラック 看板取り外し
大型トラック 出張買取(無料)
特殊トラック 査定方法 Web・FAX・電話
重機 支払方法 現金・振り込み
バス 書類手続き代行




  1. トラック王国

こんな特徴の業者です
  • 全国に5店舗の直販店を構えている
  • 査定員は元ドライバーなどの経験者
  • 比較的新しいトラックでも買取対応している
  • 運送系・建築系の車両に特に強みがある

管理人のレビュー

直販店舗を日本全国に5店舗程展開している会社になります。通年人気のある平ボディ、アルミウィング、アルミバン、ダンプ、クレーン付き(ユニック)、冷蔵冷凍車は非常に高い査定額を期待出来ます。運送系・建築系の車両に特に強い業者です。

直販店舗を日本全国に展開しているため、直接注文が多く、小型・中型・増トン・大型・重機と非常にバランスよく対応出来る点も魅力の1つです。そのため、業者間取引のオークション相場に左右されることが少ないため高額な買取を可能としています。

トラックの年式としても、高年式も低年式もどちらも対応しています。国外にも販路を持つため、低年式は海外向けに、高年式は国内の直販店向けに、という形で買い取りを行っているようです。また、こちらの会社は書類の処理部署を置いているため売却後の名義変更等の完了通知もきちんとスピーディーに郵送してもらえます。

対応サービスと可否一覧
車種 可否 サービス一覧 内容
小型トラック 対応エリア 日本全国
中型トラック 看板取り外し
大型トラック 出張買取(無料)
特殊トラック 査定方法 Web・FAX・電話・LINE
重機 支払方法 現金・振り込み
バス 書類手続き代行




  1. 1069堂(トラック堂)

こんな特徴の業者です
  • 平ボディ・クレーン付・ダンプの買取に強い
  • 中型車・大型車が特に定評がある
  • 高年式は3年落ち、4年落ちのトラックから対応
  • 増トンのような大型トラックは特に強みがあり

管理人のレビュー

平ボディ・クレーン付・ダンプには特に強く、独自の販路を持っているのが特徴です。 積車(セルフローダー・セーフティーローダー)にも力を入れており高い査定額が期待出来ます。 トラックの大きさとしては、 どの大きさでも対応していますが、中型・大型には特に定評があります。

小型車でも、国外販路の需要を掴んでいるため、 不得意というわけではありませんが、 全体的に見ると需要が落ち着いている中型や大型に強い傾向があります。

買い取りトラックの年式としては、 さすがに新古車レベルでは難しい場合もあるようですが、 3年落ち、4年落ち程度であれば問題なく対応出来るようです。また、看板剥がしや同一県内で売らないなど、売却後のアフターフォローが良いという評価も特徴の一つです。

対応サービスと可否一覧
車種 可否 サービス一覧 内容
小型トラック 対応エリア 日本全国
中型トラック 看板取り外し
大型トラック 出張買取(無料)
特殊トラック 査定方法 Web・FAX・電話
重機 支払方法 現金・振り込み
バス 書類手続き代行